2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!
エクセルVBA

トップページエクセル:関数COUNTIF関数:指定した文字列が含まれるかどうかを判断する@エクセル

エクセル:関数

数値の場合、指定した条件を満たすかどうかはIF関数だけで簡単に求めることができますが、文字列の場合、「○○という文字列を含む場合は〜」といったようなあいまいな条件指定がIF関数だけではできません。これは、条件の指定にワイルドカードを使えないからなのですが、COUNTIF関数を組み合わせることにより、あいまいな条件指定が可能になります。

(1)結果を表示するセルを選択。

(2)選択したセルに、数式=IF(COUNTIF(範囲,条件),真の場合,偽の場合)を入力します。

(例)セルA1に「Excel」という文字列が含まれている場合は「○」を表示し、

   そうでない場合は空白にする場合、

       =IF(COUNTIF(A1,"*Excel*"),"○","") と入力。

(3)数式を入力したセルに判断結果が表示されます。

文字列の全角半角、大文字小文字も区別されるため、条件を指定するときは注意してください。

エクセル
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
エクセル
〜ちょっとしたテクニック〜
Add to Google My Yahoo!に追加 ブックマークに追加する
Author

エステリア

エクセルの基本から小技までちょっとしたテクニックを随時提供中

ご案内
●役に立ったと思った方は●

人気blogランキング

1日1回のクリックでこのブログが育ちます。応援よろしくお願いします。
----------------------------------------------
●運営ポリシー●

エクセルのいろんな機能を随時紹介していきます。
トラバ、コメント大歓迎です。内容を確認の上、掲載します。アダルトサイトからのトラバ、コメントはご遠慮下さい。