エクセルVBA

トップページエクセル:セル関連の操作比較演算子@エクセル

エクセル:セル関連の操作

エクセルのちょっとしたテクニックというより今回は基本を紹介します。


エクセルでは、IF関数や条件付書式などでは条件を設定する際に「以上」や「以下」などといった表現を記号で表します。その記号を比較演算子といい、以下のような意味になります。


・「A>B」 ⇒ AよりBが大きい
・「A>=B」 ⇒ AはB以上
・「A<B」  ⇒ AはBより小さい (未満)
・「A<=B」 ⇒ AはB以下
・「A<>B」 ⇒ AとBが等しくない
・「A=B」  ⇒ AとBは等しい



算数の不等号みたいなものですね。再確認の意味も込めて、いまさらですが、比較演算子でした。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
エクセル
〜ちょっとしたテクニック〜
Add to Google My Yahoo!に追加 ブックマークに追加する
Author

エステリア

エクセルの基本から小技までちょっとしたテクニックを随時提供中

ご案内
●役に立ったと思った方は●

人気blogランキング

1日1回のクリックでこのブログが育ちます。応援よろしくお願いします。
----------------------------------------------
●運営ポリシー●

エクセルのいろんな機能を随時紹介していきます。
トラバ、コメント大歓迎です。内容を確認の上、掲載します。アダルトサイトからのトラバ、コメントはご遠慮下さい。
楽天市場