エクセルVBA

トップページエクセル:シート関連の操作シート保護@エクセル

エクセル:シート関連の操作

エクセルのちょっとしたテクニックを紹介します。


シート内の一部の範囲だけデータの変更を可能にし、他の範囲は変更不可にするにはどうしますか?シート保護を利用することで可能ですよ。


(1)変更可能に設定する範囲を選択する。
(2)右クリック⇒[セルの書式設定]⇒[保護]タブの[ロック]のチェックをオフにする。※セルの書式設定はショートカットキー「Ctrl+1」でもOKです。
(3)「OK」ボタンを押す。
(4)続いて、メニューバーから[ツール]⇒[保護]⇒[シートの保護]をクリックする。
(5)「OK」ボタンを押す。


シート保護を解除するには、メニューバーから[ツール]⇒[保護]⇒[シート保護の解除]で解除できます。シートを保護したときに数式バーにそのセルの内容、数式などを表示させたくない場合は、上記(2)で[表示しない]のチェックをオンにします。


※シートの保護にはパスワードをかけることもできます。パスワードを設定すると、保護を解除する際には必ずパスワードの入力が必要になります。パスワードを忘れてしまった場合は、パスワードを忘れてしまった場合の対処方法@エクセルを参照してください。


※Tabキーを押すと、ロックされていない入力可能範囲内を移動することできます。シート保護時はTabキーを使うといちいち入力可能範囲を探す手間が省けますよ。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
エクセル
〜ちょっとしたテクニック〜
Add to Google My Yahoo!に追加 ブックマークに追加する
Author

エステリア

エクセルの基本から小技までちょっとしたテクニックを随時提供中

ご案内
●役に立ったと思った方は●

人気blogランキング

1日1回のクリックでこのブログが育ちます。応援よろしくお願いします。
----------------------------------------------
●運営ポリシー●

エクセルのいろんな機能を随時紹介していきます。
トラバ、コメント大歓迎です。内容を確認の上、掲載します。アダルトサイトからのトラバ、コメントはご遠慮下さい。
楽天市場