エクセルVBA

エクセル:セル関連の操作

エクセルのちょっとしたテクニックを紹介します。

複数のセルに同じ文字を入力する場合、セルのコピーをすることが考えられますが、もっと効率の良く、複数のセルに一括入力する方法があります。


(1)文字を入力したいセルを選択します。
(2)セルを選択した状態のまま、文字を入力します。
※このとき文字は変換の確定をし、文字の後ろにカーソルが残っている状態にしておきます。


(3)入力を確定するときに、[Ctrl]+[Enter]を押します。
(4)これで選択したセルにすべて文字が入力されます。


※複数のセルに数式を入力する場合も使えるので、この方法は慣れると、結構便利ですよ。


エクセルのちょっとしたテクニックを紹介します。

分数を入力する場合、そのまま「1/2」と入力すると、エクセルは賢い?ので日付に変換してくれちゃいますよね。分数として入力するにはどうしたら良いでしょうか?


(1)入力したいセルを選択します。
(2)セルに「整数部分 スペース 分子/分母」と入力します。
 例)セルに「1/2」と入力する場合、「0 1/2」と入力します。
(3)セルの表示が分数になります。


※セルには分数として表示されますが、数式バーには分数の実際の値が表示されます。先頭にシングルクォーテーション(')をつける、先頭にスペースをつける、書式設定で表示形式をあらかじめ文字列または分数にしておく、といった方法でも分数を表示できます。これらの方法では数値ではなく文字列として入力されます。


エクセルのちょっとしたテクニックを紹介します。


入力する文字がある一定の限られたものなら、ドロップダウンリストを作成し、選択できるようにすれば、入力が楽になりますよ。


(1)リストの元になるデータを1列に入力します。
(2)ドロップダウンリストを表示させたいセルを選択します。
(3)メニューバーの[データ]から[入力規則]をクリックします。


(4)「データの入力規則」ダイアログボックスの[設定]タブの[入力値の種類]で[リスト]を選択し、[元の値]に文字カーソルを移します。
(5)ドロップダウンリストの元となる、(1)で入力したデータ範囲を選択し、OKボタンを押します。
(6)これでドロップダウンリストが出来ました。


※ドロップダウンリストを消去したい場合は、(4)の[入力値の種類]を[すべての値]にすれば、消去できます。また、(5)ではデータ範囲を選択するのではなく、半角カンマで区切ることで直接リストの値を入力することも出来ます。


エクセルのちょっとしたテクニックを紹介します。

エクセルでデータを入力する際、列や行によって、入力するデータが決まっているのに、その都度キーボードでIMEをオンオフしていませんか?あらかじめIMEの入力規則を設定しておけば入力が楽になりますよ。


(1)入力規則を設定したいセルを選択する。
(2)メニューバーの[データ]から[入力規則]をクリック。
(3)[データの入力規則]ダイアログボックスが開くので、[日本語入力]のタブをクリック。
(4)入力したい文字の設定にして、OKボタンを押す。


※上記(4)ではIMEの「オン」「オフ」以外にも設定ができます。初期設定では「コントールなし」になっているので、直前のセルで入力したIMEの入力規則が引き継がれます。


エクセルのちょっとしたテクニックを紹介します。


エクセルで計算式を設定したセルをコピーして貼り付けると、通常では計算式が貼り付けられます。計算式ではなく計算結果のみを貼り付ける場合、どうしますか?


(1)計算式が設定されているセルをコピーします。
(2)貼り付けたいセルを選択します。
(3)右クリックから[形式を選択して貼り付け]をクリックします。
(4)[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示されるので、貼り付けの中の[値]を選択し、OKボタンを押します。


※ツールバーの[編集]から[形式を選択して貼り付け]でも同じ作業が出来ます。


エクセルのちょっとしたテクニックを紹介します。

縦横に長い表を作成した場合、スクロールさせていくと、見出しが見えなくなってデータ入力の際に困ったことがありませんか?見出しを固定させる方法があります。


(1)見出しとして使用したい行列を除いた一番左上のセルを選択します。
例)1行目とA列を見出しとするなら、B2のセルを選択します。
(2)[メニューバー]の[ウィンドウ]から[ウィンドウ枠の固定]をクリックします。
(3)見出しが固定されるので、スクロールしても見出しが見えます。


※解除する場合は、ウィンドウ枠が固定されているシートの任意のセルをクリックし、[メニューバー]の[ウィンドウ]から[ウィンドウ枠固定の解除]をクリックすると解除できます。


エクセルのちょっとしたテクニックを紹介します。


セルの文字を消去する場合、通常は[BackSpace]を使うことが多いと思います。[BackSpace]だとひとつのセルの文字列しか消去できませんが、[Delete]を使うと複数セルの文字を一括消去できます。


(1)消去したいセルを選択します。
(2)[Delete]キーを押します。
(3)選択したセルの文字が消去されます。


※余談ですが、ファイルを選択し[Delete]キーを押すと、ファイルがゴミ箱へ移動します。


エクセルのちょっとしたテクニックというより今回は基本を紹介します。


エクセルでは、IF関数や条件付書式などでは条件を設定する際に「以上」や「以下」などといった表現を記号で表します。その記号を比較演算子といい、以下のような意味になります。


・「A>B」 ⇒ AよりBが大きい
・「A>=B」 ⇒ AはB以上
・「A<B」  ⇒ AはBより小さい (未満)
・「A<=B」 ⇒ AはB以下
・「A<>B」 ⇒ AとBが等しくない
・「A=B」  ⇒ AとBは等しい



算数の不等号みたいなものですね。再確認の意味も込めて、いまさらですが、比較演算子でした。


エクセルのちょっとしたテクニックを紹介します。


時刻の計算をした時、計算結果がおかしいことがありませんか?エクセルの標準設定では、24時間を超える分が表示されません。そのために計算結果がおかしくなってしまいます。


(1)表示を変更させたいセルを選択します。
(2)右クリックし、セルの書式設定をクリックし、「表示形式」のタブをクリック、[分類]の中の[ユーザー定義]をクリックします。今の状態はh:mmとなっていると思います。
(3)「h:mm」の表示形式では、24時間を越えるものは表示されないので、ダイアログボックスで、[h]:mmとhの前後に括弧を入力し、[OK]ボタンをクリックします。


※「h」は、「時」を表す1桁、「m」は、「分」を表す1桁です。「03:15」と表示させたければ、「hh:mm」にすればOKです。


エクセルのちょっとしたテクニックを紹介します。

エクセルで時刻の計算を時刻表示場合は時刻の計算@エクセルでOKですが、計算結果が時間表示でない場合は、一工夫必要です。時刻を計算し時給をかけて賃金を計算する場合などは以下のように操作します。


(1)計算結果表示するセルを選択します。
(2)選択したセルに数式 =時刻表示のセル*24*単価と入力します。
例)A1のセルが「12:34」でこれに時給700円をかけて賃金を計算する場合
   =A1*24*700と入力します。
(3)計算結果が表示されるセルの書式設定を「標準」にします。計算結果が表示されます。
  上の例ですと、8796.667円となります。


※分単位で計算する場合は、=時刻表示のセル*24*60*単価、秒単位で計算する場合は、=時刻表示のセル*24*60*60*単価となります。


エクセルのちょっとしたテクニックを紹介します。


エクセル時刻の計算を行うには、以下の通り普通に時刻入力すれば計算できます。


(1)時刻を入力します。(入力は通常通り「時間:分」で入力して下さい。)
(2)入力した時刻を元に計算結果を表示するセルに該当する計算式を入力します。
(3)計算結果が時刻で表示されます。


※上記(1)のように入力すると自動的に時刻として認識されます。秒まで入れて計算するのであれば、(1)の入力を「時間:分:秒」と入力してください。時刻表示にならない場合は、右クリック⇒[セルの書式設定]⇒[表示形式]のタブの[分類]の中から「時刻」、[表示]の中から「13:30」を選択⇒OKボタンを押して書式を変更してください。


※別記事で時刻表示の簡易入力@エクセルを掲載していますが、簡易入力を使用した場合は計算できません。


エクセルの表を行列の挿入・削除で修正をしていくと、どこに計算式を設定したかわからなくなりませんか?数式の入ったセルを全て表示させて確認することができます。


(1)[ツール]−[オプション]を選択します。
(2)「オプション」ダイアログボックスの[表示]タグを表示します。
(3)[ウィンドウオプション]−[数式]をチェックして[OK]を押下します。
(4)シート上の全ての数式が表示されます。


※元に戻すには、[数式]のチェックをはずしてください。また、数式にあわせてセル幅が変わります。

エクセルで時刻を入力する際、時と分の間に“:”を入力するのが面倒ですよね?もっと簡単にできないかと思いませんか?ユーザー定義関数を使うと簡単に入力できますよ。


(1)時刻データを入力するセル範囲を選択します。
(2)セル範囲を選択した状態で右クリックし、表示されたショートカットメニューから[セルの書式設定]を選択します。


(3)[セルの書式設定]ダイアログの[表示形式]タブをクリックし、[分類]から[ユーザー定義]を選択します。
(4)[種類]に、0":"00 と入力します。


(5)[OK]ボタンをクリックし、[セルの書式設定]ダイアログを閉じます。
(6)これで、数字を連続で入力しても、時刻表示されるようになります。


※この場合、入力データは時刻として認識されませんので、時刻計算はできません。あくまでも簡易入力のための方法です。


作成した表の行列とデータを入れ替えたいということがあるかと思います。このような場合は[形式を選択して貼り付け]の[行列を入れ替える]機能を使います。


(1)行と列を入れ替えたい表を選択しコピーします。
(2)貼り付けたいセルを選択して[編集]−[形式を選択して貼り付け]を選択します。
(3)[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示されるのでダイアログボックス中の[行列を入れ替える]にチェックを入れ[OK]ボタンを押します。
(4)表の行列、データが入れ替わります。


※データに入力されている計算式なども入れ替えられます。
エクセルで非表示にした行列を再表示させるには、行であれば、非表示となっている行を挟む上下の行を範囲選択し、列であれば、非表示となっている列を挟む左右の列を範囲選択し、再表示を実行すればよいのですが、シートの端にあるA列や1行目が非表示となっている場合はどうしましょう?


(1)[名前ボックス]に、A1と入力し、[Enter]キーを押します。これで、セルA1が選択されている状態になります。
(2)[書式]メニューから[行]または[列]を選択し、[再表示]をクリックすると、非表示だった1行目やA列が再表示されます。


非表示になっているすべての行列を再表示したい場合は、[全セル選択]ボタン(列番号と行番号が交差している左上角の部分)をクリックしてから上記(2)の操作をすることで非表示だったすべての行や列が再表示されます。


エクセル2003では、リストをより有効活用するためにリスト機能が追加されています。この機能を有効にすると、専用ツールバーが表示され、データの追加や削除、並べ替え、フォームの表示などが簡単に行えるようになります。また、同時にオートフィルタが設定されるので、データの抽出もすぐに行えるようになります。


(1)リスト内のセルをクリックし、[データ]メニューの[リスト]から[リストの作成...]を選択します。
(2)表示された[リストの作成]ダイアログでリストに変換するデータ範囲を指定し、[OK]ボタンをクリックします。
(3)リスト機能が有効になり、[リスト]ツールバーが表示されます。このツールバーにある各種ボタンをクリックし、データの追加や削除、並べ替え、フォームの表示などを行います。


この操作を実行すると、フィールド名(タイトル行)に太字の書式が設定されます。また、リスト範囲の周りに青い枠線が表示されますが、この線は表示のみで印刷には反映されません。


オートフィル機能を使うと、簡単に連続データを入力することができます。日付データの場合、日単位、月単位、年単位と、3種類の連続するデータを入力することができますが、日単位では、単純な連続する日付のほか、土日を除く平日のみの連続データを入力することもできます。


(1)連続データの最初の日付を入力します。
(2)日付を入力したセルのフィルハンドル(選択範囲のセルの右下角に表示される、小さな黒い四角形のハンドル。ポイントすると、マウスポインタの形が十字型に変わります)を右ドラッグします。
(3)データの終了地点でドロップ(ボタンを離す)し、表示されたメニューから[連続データ(週日単位)]を選択します。
(4)土日を除いた日付の連続データが作成されます。


※フィルハンドルが表示されない場合は、ドラッグ アンド ドロップ編集機能がオフになっている可能性があります。この場合、[ツール]−[オプション...]で[オプション]ダイアログを表示し、[編集]タブにある[ドラッグ アンド ドロップ編集を行う]チェックボックスがオンになっているか確認しましょう。



エクセルオートフォーマットで適用されるセル書式には、表の大きさを左右するセルの幅と高さの書式が含まれています。そのため、すべての書式を設定してしまうと、表の大きさまで変わってしまいます。オートフォーマットは、オプションの設定により設定する書式を選択できるので、表の大きさを保持したい場合には、オプション機能を利用します。


(1)オートフォーマットを適用したいセル範囲を選択します。
(2)[書式]メニューから[オートフォーマット...]を選択し、[オートフォーマット]ダイアログを表示します。
(3)一覧から適用したい書式のスタイルを選択し、[オプション...]ボタンをクリックします。


(4)表示された[設定する書式]欄にある[幅と高さ]のチェックボックスのチェックを外し、[OK]ボタンをクリックします。
(5)元の表の幅と高さが保持されたまま、オートフォーマットが適用されます。


オプションで設定を選択できる書式には、幅と高さのほか表示形式や配置などもあります。オートフォーマットを適用する際には、保持したい書式がないかあらかじめ確認しておいた方がいいですよ。


ワークシートの一部をコピーし、デスクトップに貼り付けると、スクラップと呼ばれるファイルが作成されます。このスクラップは、エクセルはもちろんワードやパワーポイントなどの他のアプリケーションに貼り付けて利用することができ、また、ダブルクリックで元データを編集することもできます。


(1)ウィンドウが最大化されている場合、縮小してデスクトップが見える状態にします。
(2)スクラップを作成したいセル範囲を選択します。
(3)選択したセル範囲の四辺をポイントし、マウスポインタの形が十字矢印に変わったところでデスクトップにドラッグします。
(4)デスクトップに、「ワークシート のスクラップ '○○○...'」という名前のついたスクラップが作成されます。


作成元のファイルとリンクしているので、スクラップには常に新しいデータが反映されます。


エクセルの書籍

エクセルのオートフィルタ機能を使用すると、条件に合ったデータの抽出はもちろん、条件と異なるデータの抽出もできます。例えばタスク管理などで、完了以外のデータを抽出し、未完了のタスクを確認するといったことが簡単にできます。


(1)データ範囲内のセルを選択し、[データ]メニューの[フィルタ]から[オートフィルタ]を選択します。
(2)オートフィルタ機能が有効になり、列見出しのセルの右側に[▼]ボタン(オートフィルタ矢印)が表示されます。


(3)抽出条件の対象となる列の[オートフィルタ矢印]をクリックし、[(オプション)...]を選択します。
(4)表示された[オートフィルタ オプション]ダイアログで抽出条件を指定し、[OK]ボタンをクリックします。
(例)「完了」以外のデータを抽出する場合、左側のボックスから「完了」、右側のボックスから「と等しくない」を選択します。


(5)指定した条件により抽出されたデータのみが表示されます。


※抽出されている項目のオートフィルタ矢印は、青色で表示されます。


エクセルの書籍


セルにデータを入力後、[Enter]キーを押して確定すると、通常、アクティブセルが下に移動します。この入力後のセルの移動方向は、オプションの設定により上下左右の指定が可能ですが、移動させないようにすることもできます


(1)[ツール]メニューから[オプション...]を選択し、[オプション]ダイアログを表示します。
(2)[編集]タブをクリックし、[入力後にセルを移動する]チェックボックスのチェックを外します。
(3)[OK]ボタンをクリックし、[オプション]ダイアログを閉じます。


※入力後セルが移動しない方が都合がよい場合もあるので、使い分けて下さい。
エクセルおすすめ関連書籍


セルに長文を入力した際、セルに収まりきらない文字がセルから溢れ出てしまうことがあります。この解決策として考え付くのは、セルの書式設定の文字の制御機能を使い、セル内で文字列を折り返して全体を表示させることですが、この機能では、文字列の折り返し位置が微妙にずれるため、各行の右端が凸凹になってしまうことがあります。凸凹にならず見栄えよく文字列を折り返すには、文字の配置の設定を変更します。


(1)セルを選択し、右クリックします。
(2)表示されたショートカットメニューから[セルの書式設定]を選択し、[セルの書式設定]ダイアログを表示します。
(3)[配置]タブで[文字の配置]欄にある[横位置]の[▼]ボタンをクリックし、[両端揃え]を選択します。
(4)[OK]ボタンをクリックし、[セルの書式設定]ダイアログを閉じると、選択していたセルの文字列がセルの右端に揃えて折り返されます。


[両端揃え]が設定されているセルでセル内改行を行い、次の行にデータを入力しなかったりスペースのみを入力したりすると、セル内改行を行った行の文字列が両端に広がってしまいます(Excel2000は除く)。


エクセルの書籍
セルにメールアドレスやURLを入力すると、オートコレクト機能によりハイパーリンクが設定されます。オートコレクト機能をオフにすることにより、はじめからハイパーリンクが設定されないようにすることもできますが、設定直後なら、ショートカットキーを使って簡単に削除することができます。


(1)メールアドレスやURLを入力します。
(2)[Enter]キーを押すと、自動的にハイパーリンクが設定されます。
(3)[Ctrl]+[Z]キーを押すと、設定されたハイパーリンクが削除されます。


これは、「元に戻す」機能を使ったテクニックです。(1)でメールアドレスやURLを入力、(2)でハイパーリンクが設定されるので、[Ctrl]+[Z]キーで操作を1つ戻すことにより、ハイパーリンクが設定される前の状態に戻ります。従って[Ctrl]+[Z]キーを2回押すと、入力前の状態に戻ります。


エクセルの書籍

規則の異なる入力規則が複数設定されているワークシートで、特定の入力規則が設定されているセルのみ検索したい場合は、ジャンプ機能の選択オプションを利用します。規則に関係なく、入力規則が設定されているセルをすべて検索する場合と違い、あらかじめ検索したい入力規則が設定されているセルを選択しておく必要があります


(1)検索したい入力規則が設定されているセルを選択します。
(2)[編集(E)]メニューから[ジャンプ...]を選択します。
(3)表示された[ジャンプ]ダイアログの[セル選択...]ボタンをクリックします。


(4)表示された[選択オプション]ダイアログの[データの入力規則]チェックボックスをオンにしたあと、[同じ入力規則]チェックボックスをオンにします。
(5)[OK]ボタンをクリックし、[選択オプション]ダイアログを閉じます。


(6)(1)で選択したセルに設定されている入力規則と、同じ入力規則が設定されているセルがすべて選択されます。


入力規則が設定されていないセルが選択された状態で操作すると、「該当するセルが見つかりません。」というメッセージが表示されます。


エクセル書籍
ワークシートの行や列の非表示/再表示の切り替えは、ショートカットキーでも行うことができます。ショートカットキーの使用は通常の操作に比べ手間や時間が短縮されるので、よく使う機能のショートカットキーは覚えておくと便利ですよ。


(1)選択した行や列を非表示にする。
 非表示にしたい行または列にあるセルを選択し、
  ・行:[Ctrl]+[9](テンキー不可)キーを押します。
  ・列:[Ctrl]+[0](テンキー不可)キーを押します。


(2)非表示にした行や列を再表示する。
 非表示の行の上と下の行、または非表示の列の左と右の列を選択し、
  ・行:[Ctrl]+[Shift]+[9](テンキー不可)キーを押します。
  ・列:[Ctrl]+[Shift]+[0](テンキー不可)キーを押します。


1行目やA列といったワークシートの端にある行や列が非表示の場合、再表示する際、非表示の行や列をはさんで選択することができません。この場合は、[名前ボックス]を使ってA列や1行目にあるセルを選択し、ショートカットキーを押します。

例)・A列を再表示する場合:[名前ボックス]に[A1]と入力
  ・1〜2行目を再表示する場合:[名前ボックス]に[A1:A2]と入力


エクセル・ショートカットキー
条件付き書式機能を使って設定できる書式の条件は3つまでですが、セルのデフォルトの書式設定を利用すると、最小から最大までの条件を正しく設定することによって、4つの条件を設定することが可能になります。


(1)書式を設定したいセル範囲を選択します。
(2)[書式]メニューから[条件付き書式...]を選択し、[条件付き書式の設定]ダイアログを表示します。
(3)ここで、まず3つの条件を設定します。


例)セルの数値が10未満の場合と、10以上50未満の場合と、50以上100未満の場合と、100以上の場合の4つの条件に対する書式を設定する場合、
   条件1に「セルの値が」「より小さい」「10」
   条件2に「セルの値が」「次の値の間」「10」と「49」
   条件3に「セルの値が」「次の値の間」「50」と「99」
と指定し、それぞれの条件に対して設定する書式を指定します。


(4)設定が終わったら[OK]ボタンをクリックし、[条件付き書式の設定]ダイアログを閉じます。
(5)(1)で選択したセル範囲が選択されている状態のまま、[書式]メニューから[セル...]を選択し、[セルの書式設定]ダイアログでデフォルトの書式を設定すると、(3)で設定した条件に当てはまらない値(ここでは100以上)が入力された場合、ここで設定したデフォルトの書式が設定されることになります。


4つの条件を指定する場合、条件範囲の上限か下限のどちらかにデフォルトの書式を設定させます。ここでは、上限にデフォルトの書式を設定させていますが、下限にデフォルトの書式を設定させる場合は、
   条件1に「セルの値が」「次の値の間」「10」と「49」
   条件2に「セルの値が」「次の値の間」「50」と「99」
   条件3に「セルの値が」「次の値より大きい」「100」
と指定し、それぞれの条件に対して設定する書式を指定します。


エクセル書籍

テキストボックスは、セルに関係なく自由に配置することができるため、セルにとらわれずに文字を入力したいときに利用すると便利です。しかし逆に、セルに合わせて配置すると、セルと同じように見せかけながら、塗りつぶし効果や印刷の可否といった図としての設定が可能です。
セルを目立たせるひとつのテクニックとして使えますね。


(1)[図形描画]ツールバーの[テキスト ボックス]または[縦書きテキスト ボックス]ボタンをクリックします。
(2)[Alt]キーを押しながらドラッグすると、セルの枠線に合わせてテキストボックスが描かれます。


オートシェイプをセルの枠線に合わせて描きたいときも、同様にして[Alt]キーを押しながらドラッグします。


エクセルの書籍

コメント枠の背景は、通常、薄い黄色で塗りつぶされています。この色を変更するには、[書式設定]ツールバーの[塗りつぶしの色]ボタンを使うと簡単です。コメントの挿入者や内容によって色分けすることで、コメントの利用価値がさらにアップします。


(1)色を変更したいコメントのコメント枠を選択します。このときにコメント枠の内側をクリックしてしまうと、コメントの編集状態になってしまいます。コメント枠を選択する場合は、コメント枠(四辺)をクリックするようにしてください。


(2)[書式設定]ツールバーの[塗りつぶしの色]ボタン右側の[▼]をクリックし、カラーパレットから任意の色を選択します。


(3)選択した色が、コメントの背景色に設定されます。


コメントの背景には、グラデーションやテクスチャ、図などを設定することもできます。


エクセルの書籍
数式を入力する際、先頭に"=(イコール)"を入力する必要がありますが、"="の代わりに"+(プラス)"を使うことができるのを知ってましたか?
"+"を使って数式を入力すると、数式の先頭に自動的に"="が挿入されます。


(1)"+"を入力し、続けて数式を入力します。
  (例)=A1*B1としたい場合、 +A1*B1と入力します。
(2)[Enter]キーを押し、数式を確定します。


"−"を使っても同様に数式を入力することができますが、"−"の後にある数式の結果がマイナス値として認識されます。("−"を2回入力すれば結果はプラス値となります)


エクセル
セルにデータの入力規則を設定しても、ワークシート上のセルには何も表示されないため、通常の状態ではどのセルにデータの入力規則が設定されているかわかりません。データの入力規則が設定されているセルを検索したい場合は、ジャンプ機能を使って、データの入力規則が設定されているセルを選択すると便利です。


(1)[編集]メニューから[ジャンプ...]を選択します。
(2)表示された[ジャンプ]ダイアログの[セル選択...]ボタンをクリックします。
(3)表示された[選択オプション]ダイアログの[データの入力規則]チェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします
(4)データの入力規則が設定されているセルが選択されます。


特定のデータの入力規則が設定されているセルを検索する場合は、特定のデータの入力規則が設定されているセルをあらかじめ選択しておき、(3)の[選択オプション]ダイアログを表示したあと、[データの入力規則]チェックボックスと[同じ入力規則]チェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。

エクセル書籍
セルに入力できるデータを制限する「データの入力規則」機能ですが、設定の仕方によっては、入力規則に違反しているデータも入力を続けることができます。また、既存のデータに入力規則を設定した場合は、設定後に入力されるデータにのみ制限がかけられるため、入力規則が設定されているからといって、存在しているデータすべてが入力規則に違反していないとは限りません。入力規則に違反しているデータを調べるときは、「ワークシート分析」機能を使います。

(1)[ツール]メニューの[ワークシート分析]から[[ワークシート分析]ツールバーの表示]を選択します。

(2)表示された[ワークシート分析]ツールバーの[無効データのマーク]ボタンをクリックします。

(3)入力規則に違反しているデータにマークが表示されます。なお、表示されたマークを非表示にしたい場合は、[ワークシート分析]ツールバーの[入力規則マークのクリア]ボタンをクリックします。

※貼り付けやオートフィル機能を使って入力されたデータ(直接入力でないデータ)はチェックの対象外です。

エクセルの書籍
エクセルで使うショートカットキー、第3弾です。
シートをすばやく移動するショートカットです。


[Ctrl]+[↑] ⇒ 連続したデータの上端に移動


[Ctrl]+[↓] ⇒ 連続したデータの下端に移動


[Ctrl]+[→] ⇒ 連続したデータの右端に移動


[Ctrl]+[←] ⇒ 連続したデータの左端に移動

※↑の4つは連続したデータ上で使ってくださいね。

※↓の2つはデータは連続していなくても構いません。

[Ctrl]+[Home] ⇒ セルA1へ移動

[Ctrl]+[End] ⇒ データの下端に移動


既存のデータに新しいデータを追加する場合などに、入力されているデータの下端や右端のセルにすばやく移動したいことがありますが、データが連続して入力されている場合は、セルの四辺をダブルクリックして行うとすばやくデータの端へ移動できます。

上辺をダブルクリック → データ範囲の上端のセルへ移動

下辺をダブルクリック → データ範囲の下端のセルへ移動

左辺をダブルクリック → データ範囲の左端のセルへ移動

右辺をダブルクリック → データ範囲の右端のセルへ移動



※連続しているデータ範囲内のセルで行ってください。

フィルハンドルを使用すると、セルの値のコピーや連続データの作成が簡単にできますが、基となる値や使用方法によって、値のコピーや連続データの作成を更に簡単に行うことができます。ここでは、フィルハンドルを使用し、数値の連番の作成を一度の操作で行う方法を紹介します。


(1)基準となる数値が入力されているセルを選択します。

(2)[Ctrl]キーを押しながらフィルハンドルをドラッグします。

(3)ドラッグした分だけ連続データが作成されます。


日付データの場合は、フィルハンドルのドラッグで連続データが作成され、[Ctrl]キーを押しながらのドラッグではデータのコピーが作成されます。
[書式設定]ツールバーの[通貨スタイル]ボタンをクリックすると、通常¥記号が付いて表示されますが、登録されている通貨スタイルを変更することで、他の通貨記号を付けるようにすることもできます。


(1)[書式]メニューから[スタイル...]を選択します。

(2)表示される[スタイル]ダイアログの[スタイル名]から[通貨]を選択し、[変更...]ボタンをクリックします。

(3)表示される[セルの書式設定]ダイアログの[表示形式]タブで[分類]から[通貨]を選択し、[記号]で[$]を指定します。

(4)[OK]ボタンをクリックし、[セルの書式設定]ダイアログを閉じます。

(5)[スタイル]ダイアログに戻り、[表示形式]が$スタイルに変更されていることを確認し、[OK]ボタンをクリックします。

(6)[書式設定]ツールバーの[通貨スタイル]ボタンをクリックすると、「¥」ではなく「$」記号が付くようになります。


※スタイルの変更は操作を行ったブックでのみ有効です。
数式をコピーして貼り付けたときに、計算結果が正しく表示されなかったことがあるかと思います。絶対参照と相対参照の違いは以下の通りです。

例えば、A1を参照する数式ををC2に入力した場合、C2のセルには相対参照で入力すると=A1となり、絶対参照で入力すると=$A$1となります。これをR1C1の参照形式で表示するとなんとなくわかるかと思います。相対参照は=R[-2]C[-1]絶対参照は=R1C1となります。
※R1C1の参照形式での表示は、[ツール]⇒[オプション]⇒[全般]のタブ内の[R1C1の参照形式を使用する]にチェックを入れます。

上記の例では相対参照の場合は、「このセルから左に2上に1移動した場所にあるセルを参照しなさい」ということになり、絶対参照の場合は、「1行1列目のセルを参照しなさい」ということになります。その為、相対参照の数式はフィルやコピーをした場合、参照先が変わったりしますが、絶対参照の数式は参照先が変わらないのです。

絶対参照と相対参照の違いをちょっと頭の中に入れておいて下さいね。
エクセルで数式やURLを入力すると自動的に計算結果やハイパーリンクになってしまいます。便利な機能ですが、時と場合によっては、不都合なことがあります。数式やURLを文字列として入力したいと思ったことはないですか?それは以下の方法で出来ますよ。


(1)数式やURLの入ったセルを選択します。
(2)数式やURLの前にアポストロフィー(')を入力します。
 例)=B1+B2という数式の場合、'=B1+B2


エクセルに文字列として認識させるこの方法は、数値や数式を文字列として保存することでエラーインジケータが出ます。非表示にしたい場合は、エラーインジケータをクリックし、[エラーを無視する]を選択してください。
エクセルのセル内で改行ができます。セル内で折り返しの設定をすると希望通りの場所で改行にならないことがあるかと思います。ぜひ覚えておいて下さい。


(1)セル内で改行したい文字列内の場所にカーソルを置く。

(2)[Alt]+[Enter]キーを押します。

(3)セル内で改行されます。


エクセルで文章を作る人にとっては便利な機能です。

[フォントサイズ]指定ボックスのプルダウンからでは、8〜72ptの範囲の決められたサイズにしかフォントサイズを変更することができません。ところが、これ以外のサイズを設定することも実はできます。ポスターやチラシ作りなど、フォントサイズを72ptより大きくしたいときなどに利用すると便利です。


(1)フォントサイズを変更したい文字列を選択します。

(2)[フォントサイズ]指定ボックスに、直接数値を入力します。


※指定できるフォントサイズは0.5pt単位になります。
外部から読み込んだデータには、ふりがなが自動的に設定されません。そのため、ふりがな機能やPHONETIC関数を使ってもふりがなが表示されません。ですが、ちょっとした操作をすることでふりがなを表示させることができます。


(1)ふりがなを表示させたいセルを選択します。

(2)[Shift]+[Alt]+[↑]キーを押します。

(3)これで、ふりがなが表示されます。


※常に表示させる場合は、[書式(O)]メニュー⇒[ふりがな(T)]⇒[表示/非表示(S)]をクリックし、ふりがなを表示させてください。
エクセル
〜ちょっとしたテクニック〜
Add to Google My Yahoo!に追加 ブックマークに追加する
Author

エステリア

エクセルの基本から小技までちょっとしたテクニックを随時提供中

ご案内
●役に立ったと思った方は●

人気blogランキング

1日1回のクリックでこのブログが育ちます。応援よろしくお願いします。
----------------------------------------------
●運営ポリシー●

エクセルのいろんな機能を随時紹介していきます。
トラバ、コメント大歓迎です。内容を確認の上、掲載します。アダルトサイトからのトラバ、コメントはご遠慮下さい。
楽天市場